midnight web wave

いつかあの頃になる今のための、真夜中の波です

 

 

20221108tue

鳥取の智頭町という町へ、森林セラピーなるものを受けにいく

森林セラピーははじめて聞いたものだったが、そこで受けたものは森散策&ウォーキングとマインドフルネス的なものを組み合わせたような感じだった

はじまる前に指から白血球云々を測るストレスチェックをして、終わったあともストレスチェックをして、ほら下がったでしょ、ていうのをやるのだが、ほんまか? とおもってしまう

ホコリタケをパフっとしたのと地下を流れる水の音が聞ける穴がよかった あの音をずっと聞いていたい

この企画は婦人会の企画で、急に誘われノリで「いきます!」と言ったのだが、長時間の集団行動により、お話しでき、顔を覚えられ、また覚えてもらえたのがよかった

しらない人たちは「こども」「おばさん」「おじさん」「おばあさん」「おじいさん」という枠でしか見れないが、名前を覚えてひとりひとりを認識していくと顔が見えてくる

きれいな人だなとか、若いころめっちゃモテただろうなとか、ギャグセンスやばいなとか、ひとりひとりに思うところがある

ほとんど誰も知らないようなところから、そういうふうにしてひとりずつ知っている人が増えていって、知っている場所が増えていって、これが移住か、とおもう

わたしはこどものころに引っ越しをしたことがなかったから、ますます、おおこれが、とおもう